世界の果てで終末を待つだけの雑記

患った中二病は30代になっても僕を蝕む

近況と報告。

なんか知らないうちに、4月に入っていて、怒涛の毎日を過ごしているような気がするんですが、何が怒涛なのかと聞かれるとちょっと別に何かをしているわけではないので、自分の時間の使い方がへたくそなことがまずあげられますね。

4/4-6に行われた、コンテンツ東京で、『チームKAKUNI』はPANORAさんと共同出展しました。
僕の参加は6日だけでしたが、非常に楽しくやらせていただきました。
全然写真とかないんですが、前日にペパ文字や、ホロライブなんかの発表があり、イヤーいろいろ本格的に本格化してきましたね、って言う感無量だった。

もちろんVTuber関係がこのままでかい規模になるわけないし、初めては消えって言うのを繰り返すことになるだろうなって思うし、長く続けててもさっぱり目のでない人もいるだろうし(僕はそこ狙い)まぁいろいろだと思うけれども、去年のハンドスピナーみたいに、年末には市場が消えてる、見たいなことはないほうがいいなぁ。。。
どんな形でもいいけど、いい方向で残っていてほしいなって思う。(フラグ)

で、続きなんですが、4/22に、以下のイベントが開かれます。

vtuberhack01-ex.peatix.com


PANORAさん主催で、ATL(広尾かな?)で開催されます。
裏側見たいねんっていう人は来ると結構いろんな人がいて面白いと思います。
僕もたぶんしゃべらせていただきます。(チームの参加は僕ともう一人です!)
僕が登壇するのめっちゃ珍しいので、がちがちに緊張してる僕を笑いに来てくれていいんですよ。

はい、ということで、裏でこそこそVTuberの準備しています。
まぁ、本当に隅っこのほうでやってるので、見つけても僕だとわかってもそっとして置いてください。
まだ何もないので、ちょっと今本当に何から何まで準備している最中ではあるんですが、発表できることは何もないので、すいません、そもそもここでやるのかっていうのもまだちょっと決まってなくて、まぁ、でもどうせ過疎配信なので、続けてみて大丈夫そうだったら、裏側を紹介していきますね。

最近本を読んでないんですけれども、四半世紀ぶりぐらいにコンプティークかいましたね!
あと、なんだ、CGWorldも紙の本としては久しぶりに買いました。

 

コンプティーク 2018年5月号

コンプティーク 2018年5月号

 

 

 

 

全然関係ないんですが、空電ノイズの姫君の2巻が3月終わりぐらいに出ていて、ぜんぜん気がついてなくて、もうするっと買いましたよね。
面白かった。

 

 

最近漫画を読む時間すらちゃんと自分で確保できてないってことがわかって、これはまずいなって思った次第です。
ほかにもいっぱい報告とかしたいことあったりした木がするんですが、忘れたのでこの辺で。

とりあえず働き方を変えないと自分の作業がさっぱり進められないなって言うのを痛感しています。
あと、勝ちで体調悪いのでそろそろ病院で精密検査が必要な気がしてくる。
いや、本当に、この残業はしないけど、デスな状況から抜け出さないとだめですね・・・。
でも仕事あるのはありがたいですけどね。。。もろもろトレードオフですねぇ・・・。

ちょっと待って

もう四月十日じゃないですか。

ぜんぜん記事かけてないの、ごめん、待って、ちょっと、なんか書けることないか考えるから。

LOVE ME DOLL を見てきたよ

命とは何だろう。
2045年問題ってご存知ですか?今から27年ぐらいあとに、AIが人間を追い越すんじゃないかっていわれているんですよ。私は生きていませんが、悔しいですね。そのときどんな世界になるのか、想像できませんが・・・。このお話は今から3000年後の話です。私たちはすぐ目の前の事は想像できないというのに、3000年先なら自由に想像ができる、不思議なものです』
朝倉先生の口上で、物語は始まります。

LOVE ME DOLL を見てきました。
3/24・3/25で、計4公演を見てきたわけですが、率直な感想としては、お尻が痛かったディストピアと、希望を捨てずに成長していく主人公の冒険譚だなと。そんな風に書いてしまうとあっさりしすぎていて、本当に何も感想にならないのですけれども。

どういう切り口でいくかっていうことを考えているうちに時間だけがどんどん過ぎていって、4回見たのにどんどん風化するのでこの辺で書いておきたいなと思ってはいて、
そう、なんというか、全部入り、なのですよね。
1時間45分という限られた時間の中で朝倉薫という人間が描きたかった側面のひとつを全部入れたお話なんだと僕は感じました。
いっぱい矛盾があり、いろんな消化不良があり、だけど、そこはこの舞台についてはあまり言及しても仕方がないのです。
あえて言えばそれでも語れない見えない、知りたい、という欲求について答えがないから、最後はお客さんに委ねるのだなと。
だから、最後の大千秋楽で、今川宇宙さん演じる主人公と、ヒロインのドール(失礼、名前を失念してしまいました)が、希望に向かって飛び込む瞬間で暗転して舞台が終わるタイミングで拍手が起こったのは最高の瞬間だったんじゃないかなって感じました。
その瞬間がどうなるのかっていうのは僕たちに選択肢が委ねられていて、そこでようやく舞台は完成するのだと。

上演台本を買ったのでそのうち詳しいところは言及できるかもしれませんが、まぁ、たぶんしないと思います。
人生ですよ。いろんな人生が枝分かれをして、そのうちの一つしかわれわれは見ることができない。
いくつもの無数の可能性の内一つを選択し続けながら生きている。
僕は土日という時間を無限の可能性の中から今川宇宙さんの舞台を見に行くという選択肢を選んだわけです。
そうしたら、まぁ、そこには人生があって、その人生の分岐の中で、最後の最後に、希望があった。
朝倉先生はほっとされたんじゃないでしょうか。

僕のような若輩(というには年を取りすぎてしまった)がいうことではないのですが、朝倉先生、僕ももう27年もすれば62歳ですよ。
もう壮年と呼ぶにふさわしい年齢になってしまいます。
生まれてから、今までよりもずっと短い時間でそこに到達してしまうのだと思うと、時間とはなんと不思議なんだと思いますね。
僕がきちんと今自分のできる可能性についてきっちり考えることができているだろうか。
そんな風に不安になったりします。

今川宇宙さんのことが僕は好きです。

彼女の可能性は見ているとはらはらします。でも心配はしないです。壊れてしまってつぶれてしまうんじゃないだろうか。そんな風に思っていた時期もありました。それからこれから先もそう思うこともあると思います。
今はそうは不思議と思わないのです。
ずっと走り続けているけれども、息抜きはあるかもしれないけれども、もう少しの間はペースさえ見つけられれば進んでいく気がするので。それから、僕は残念なことに今川宇宙さんの親しい何かではありませんから、心配しても仕方ないのです。

そうですね、いつか親しい人になれたらいいなと思っています。

LOVE ME DOLL は朝倉先生がまたやりたいと思ったら、また再演されるんじゃないでしょうか。
そのときにはぜひ見に行っていただきたいと思いました。

僕が、若い才能がー本当にーすばらしくーとか書くと本当に陳腐なので、やめておきます。

僕にも生きてる理由とか、がむしゃらになれることとか、必死に守りたいものとか、できるといいですが、まだ僕はちょっと見つからず探してるみたいです。

新環境での環境構築開始

セットアップを開始した。
午前着のはずの荷物が12時を過ぎてもこないので、これは、一体どういうことかね、ワトソン君、と思ったんだけど、単純に雪とか何やで遅くなってただけだった。梱包している箱がクソでかい。


有線LANをつないでセットアップを開始したけど、どうにも遅い。
回線速度を調べてみたら、1Mも出てなくて嘘でしょということで、プライムナウした。
2500円以上買わなきゃいけなかったので、ついでになくなってた水とゴミ袋も買った。
cat6の5メートルのケーブルが届くまでまたウトウトしていた。
プライムナウもなかなかこなかったので、本当にダメだなぁ、と思っていたらお腹壊した。

届いたパソコン、
CPU: i7 8700K
mem: 64G
SSD: 1TB
HDD: 3TB
GPU: GTX1080Ti
ツクモで、お買い得価格!
ツクモさん本当にありがとう。

shop.tsukumo.co.jp


パソコン去年から何台買っているのだろうという気持ちになっているのだけれども、まぁ、全部使用用途違うので良いのでは?

とりあえずunityだけインストールしたのだけれども、もう2017.4なんてバージョンが・・・。動くのか?僕のプロジェクト。
普段使うソフトはインストールしようねぇ、っていう感じなんだけど、Adobeとかのお引越しをしないといけないのか、、、面倒!てぇい!でぁえいでぁえい!
OperaとLhaplusもインストール。officeも買わないといけないなぁ。。。年間のサブスクリプションタイプのものを使ってみるのも手だなぁ。。。
逆に言えば、Adobeぐらいしか使ってない…?必要があれば必要なソフトを入れるしなって感じなのか?わからん…。
OculusのSDKとか入れておくか。
入れておくかと言うよりも入れないと始まらない。
マウスとかもセットアップしないとな。bluetoothドングルとかも。

セットアップしながら、本を読んだりしていた。
あと久しぶりにPS4YouTubeみてて、月ノ美兎とかが本当によいですね!ありがとうございます!っていう気持ちになったよ!!!


10分で分かる月ノ美兎【にじさんじ公式】


結局ね、やってみないと出来ないんだって。
っていうか、アノード固化でお話したことありません?っていう感じで話がガンガン前に進んでいくの本当にどこかで見た芸風なんだけど、僕の廻りにあんなにしゃべる人いたかなって思ったけど、僕の廻りにはよく喋るタイプの人間がいっぱいいて、博識な人もいっぱいいる気がするので、誰と重なったのかわからなくなったけど、全然タイプは違うけど、キクチさんはまさにそんな感じがしましたよ。
博識っていうか無駄な知識をため込んでいるタイプと言うか。

どんなほんを読んでいたかと言うとですね、
百合っぽいやつとか、

 

 


下の方のエントリーでも触れていた、岡田麿里さんの自伝ですね。
未だ途中までですけど。

 

 

あと、まぁ、もう放送終わっちゃったんですけど、ザ・ノンフィクションの再編集版に少しだけ映ってました。
あれですよ、イケてるIT社長、ひらう。
ひらうさんいい人だし、オフィスすごい綺麗だったから、今度オフィス遊びに行きたいです。


ザ・ノンフィクション 特別編予告 2018年3月18日放送

ダウンロードとか、どうやって移行しようかなっていうプランがあんまりないのでこうやってブログでも書くかってなってるわけですよ。
暇ですね。わかります。
放送したいなーーーーーーーーーーー。

何周遅れかでOculustouchで指が動いたよ、あと環境構築メモ

全然ひきこもれてない引きこもりです。
松屋の豚汁が好きなんで、割引があると割といくんですが、『オッ、豚汁変更100円期間じゃ~ん』と思っていったら、割引がなくて、泣く泣くねぎたま牛めしだけ食べてきました。
定食注文時だけ100円だそうです。ちゃんと見てなかった…。

Oculusを注文して、それは何かって言うと、東雲めぐちゃんを見て、指がグリグリ動いてて凄い楽しそうに放送をしているのを見て、これは本当に楽しそうだなぁ、と思ったからです。
何も考えずに、公式サイトからOculusをダウンロード。
これを機会に環境一新するかーと思ったら、数日間ハマりました。
viveで設定したことがないので、はまらないという経験がないので、ぜひはまらない体験をしてみたい。

今回は結局以下のような構成で、設定してみました。
Unity2017.3
Oculus Utilities for Unity
FinalIK

Oculus TouchでUnityちゃんの指を動かして遊ぼう - 遊んで航海記

この方のソースをまるっとお借りしました。

前回Qiitaに書いた構成とはずいぶん違います。

windowsMRでバーチャル生放送をするためのセットアップ - Qiita

出来たのはこちら。

で、なんかいろいろ見て、あれもこれもダメという感じでハマったのでハマりポイントと設定。
今回はSteamVR使いませんでした。
SteamVRで途中まで設定していたんですけど。。。

ヒエラルキーはこんな感じ。

f:id:platoronical:20180318141318p:plain

OVRの方でコントローラーとか頭の位置とか全部取得してくれるようになっていたみたいなので今回はそのまま使いました。
ただそのままだと、カメラの位置が変だったので、子供に骨のコピーを入れてます。
で、その子供で、角度を変えてあげてます。

例えば左手だと、Zに180度回転させてあげたりしてます。

f:id:platoronical:20180318141345p:plain

FinalIKに見てもらう値も、この子供のゲームオブジェクトです。

f:id:platoronical:20180318141443p:plain

こんな感じ。
たったこれだけの設定でいいのに、何日か動かないなー動かないなーとなりました。

指は、上にも書いたとおりスクリプトを公開してくださっている方がいるので、そちらの方のスクリプトをお借りしました。
多謝。

設定ですが、アリシア用ではないので、指の根元にスクリプトをアタッチします。
fore(人差し指) / little(小指) / middle(中指) / thid(薬指) / thumb(親指)
です。
で、多分そのままだとアタッチしてくれないので、インスペクタのFingerTypeで、例えば、左手のforeであれば、L_Indexを指定してあげます。
このままだと指が動いちゃいけない方向に動くので、MAaxAngleで、今回は僕は雑に-90を指定してあげてます。
で、それを右手と左手、計10本の指に設定してあげるとツイッターの動画のようなものになります。

f:id:platoronical:20180318141500p:plain

Oculus touch 面白いですねぇ…。

で、こんな感じで環境作り直しているので、放送できるのがまた結構先になりそう。

YouTubeとか楽しみにしてくれている人がいたら本当に申し訳ないのだけれども、もうちょっと待ってて下さい。

id:interestor さんが、モデル改変をしてくれているのだけれども、どうもblender=>unityに癖がありそう。
結構可愛いモデルにしてくれてるんだけど、僕の経験値がまだ少なくて、fbx読み込むと、骨とマッピングされてないものになってしまう。
具体的には、SkinMeshRendererが良いんだけど、ただのMeshRendererになってしまう。
こいつは駄目だ。
という感じで難航しております。

やっぱり刺激をもらってその人のやってることをやりたいなって思うのは自然なことだと思うので、もっとやっていきたいですねぇ。。。
結局環境設定だけで全く開発してないし。。。。

VTuber体験会をやったよ

写真がほぼなくてほんとにやったのかよいうことなんですが、やりました。
たぶんそれなりに楽しんでくれていたんじゃないだろうかと思ったわけです。
たぶんね。わかんないけど。

またやるかっていわれると、わかんないんですが、まぁ、意外と体験会っていうのは楽しいので、やりたいですね。。。
でも、せっかくなら、何かしらパワーアップさせて臨みたい。
来てくれた人も、これから始めたい人と、技術が気になっていてって言う人に別れていてその辺も価値観だなって言う感じで面白かった。
あと、まだ一本も動画あげてないけど、もうちゃんねる登録は1000超えてるっていう人もいて、どうやったらそうなるんだよってなった。
僕には本当に魅力的なところがないのだなぁって認識する。
スーパーチャットが遠い。
まぁ、ええんや。

東雲めぐちゃんに影響されて、どうしても指の動きが取りたくなって、Oculusを買ってしまった。
あと、なんだかんだ新しいPCを買いそう。見積もりとってしまった。
開発する時間取れればいいですね。でも開発する時間なかなかないなって思っているので、本当に開発するのだろうかって言うのはある。部屋を片付けないといけない。

 

 

shop.tsukumo.co.jp

最近は仕事がゲーム開発なのですけれども、定時っぽい時間でオフィスに行ってるので、サラリーマンっぽい。
フリーランスなので、もっと使ってほしいなって言う気持ちはあるけど、確かに僕が何ができる人なのかはわからない。

VTuberとかの、環境構築とか、コンサルとかしたいなって思ってる。
たぶん、モデルとかの指示についてとか、買うべき機材とか、編集なら編集のナレッジ、生放送なら生放送のナレッジがあるはずなので、そのへんまるっとお伝えできますよって言うかんじで、もっと勉強しないといけないけど、とりあえずそろそろ伝えられることが多くなってきた気がする。
なのでよかったらやりたいので、安くはないと思うけど、気になる方は僕まで声をかけていただけますとありがたいです。
ニューロンはまだ僕が体験してないので、どんなものかわかってないのだけれども・・・。

で、体験会のおさらいなんだけど、
僕は、以下の機械を試せました。
【ハード】
・HP OMEN(win10PC)
・windowsMR(Lenovo Explorer)
・VT-3(ボイチェン)
・SVX14(無線マイク)
など
【ソフト】
・Unity

ころとろさんの環境も試せました
【ハード】
・Kinnect V1
【ソフト】
・MMC
MMD
・プレミア

お互いまったく違う環境だったので、なんか本当にかぶってなくてよかったなって思いました。

そういえば、Unity2017.2でもUnity2017.3でもそうなんですが、RoalandのオーディオI/F(Quad-capture / Rubix24共に) をUSB3.0ポートにつないで、XR機能をオンにしていると、クラッシュします。
Unity、直してください・・・。でも本当にUnityの不具合なのかどうかはわからない。USB2.0につないでるデスクトップだと現象が起きないので、たぶん、たぶん、UnityとオーディオI/FとUSB3.0の相性の気がする。
回避策あったら教えてエロい人。
ほかにもなんかいろいろあったような気がしたんだけど、記憶が飛び飛びなので覚えてないですね。。。

 

Roland ローランド オーディオインターフェイス QUAD-CAPTURE UA-55

Roland ローランド オーディオインターフェイス QUAD-CAPTURE UA-55

 

 

ローランド USBオーディオ・インターフェース Rubix24

ローランド USBオーディオ・インターフェース Rubix24

 

 

と、いうことで、VRも仕事にしたいので各位お願いいたします。

最近のいろいろ

さよならの朝に約束の花をかざろう 見てきました。


映画『さよならの朝に約束の花をかざろう』予告編

シャドウバースがコラボしているのでしるというぐらい今極端にインプットが少ないのですが、そのシャドウバースですらたまにしか起動しないですし、勝率は10%を切っています。非常にストレスになるので遊ばないという良くないスパイラルに陥っています。
そんなことはどうでもいいんですが、つい先日の日曜日です。
なかなかすごい世界でした。
なぜ、岡田麿里さんが現代でない舞台を選んだのか謎でした。
でも見るとスッキリ氷解、これはすごい。
あの花もここさけも、全部好き。でも、さよならの朝に約束の花をかざろう についてはもう別格。
これは、4K版が出たらハードウェアごと(PS4pro)買いたい気持ちになるやつ。
いまでも、4K収められる円盤って無いんでしたっけ?あるのか?うーむ、、、まずはテレビからだけど、テレビほとんど付けてないんだよな、と。

 

LG 55V型 4K 有機EL テレビ HDR対応 Wi-Fi内蔵 外付けHDD録画対応(裏番組録画) OLED55B7P (2017年モデル)

LG 55V型 4K 有機EL テレビ HDR対応 Wi-Fi内蔵 外付けHDD録画対応(裏番組録画) OLED55B7P (2017年モデル)

 

 上のは築地で共同購入したやつ。

岡田麿里さんの自伝がでていて、ほしいなと思いつつ、いつ読むんだよってなってて、未だ買っていません。
友人が面白いよーって言ってたので、多分面白いんだと思う。
すっかり本を読まなくなってしまった。

 

 

xRTech tokyo に繰り上がり出来たので、行ってきました。
面白かったですね、はい。
勉強になったかと言われれば、これは絶妙に微妙で、珍しく懇親会が面白いものでした。
(人見知りの割に、今回はピンポイントで話すことができた)

vrtokyo.connpass.com

最近は業務でUE4及びUMGを触っているのだけれども、これでこれが、今のところ良さをあまり見つけられていなくて、結構毎日苦痛を感じているのと、自分の引き出しの少なさに驚いている。
今まで本質的な動きといったものについてあまり言及してこなかったことがよくわかって残念な気持ちになっている。
小手先のテクニックで乗り切ってきていたことがはっきりとわかった。
面白いですけどね…。でもすっかり画面の人になってしまったな、と。
SpriteStudioとの連携を考えたり、TexturePackerでアトラス化したものをpaper2Dとかで展開、UMGで貼れることを検証したり。
Vコンは、AEで作ってみてもらうのがいいなと思ったり。

 

Unreal Engine 4 for Design Visualization: Developing Stunning Interactive Visualizations, Animations, and Renderings (Game Design)

Unreal Engine 4 for Design Visualization: Developing Stunning Interactive Visualizations, Animations, and Renderings (Game Design)

 

 上の本は適当に貼った

結局画面って楽しさとか伝えるための一番の入り口なので、そこでどれだけのものを見せられるかってことなんだと思うんだけど、まだまだ僕は修行が足りませんねぇって言う感じになってる。

 

インタフェースデザインの心理学 ―ウェブやアプリに新たな視点をもたらす100の指針

インタフェースデザインの心理学 ―ウェブやアプリに新たな視点をもたらす100の指針

 

 

xR領域での仕事も自分で何が出来るんだろうかって思っているけれども、やっぱり未だ環境設定やりまっせとかにとどまっているので、システムまるっと発注できるようになると強いのかなって思ったりする。
VTuberなりたい人とか、作りたい人はいてもどんな技術が必要なのか、とかやっぱり未だわかんないと思うので、ベストプラクティスなんて無いんだけど、こういうのもあるよって言えるようになると良さそう。
XVI様のanicast、を利用した、gugenka様の東雲めぐちゃんなんかは本当にある意味現在のベストプラクティスに思う。

nlab.itmedia.co.jp


初めまして、東雲めぐです♪【Twitterも始めたよ】

またそれとは違うけど、AVA様のLUMiとかは新しい試みだと思うので、見守っていきたいし、積極利用させていただきたいと思う。

ちょっと同文未だごたっとしているので、自分が通常営業に戻るのは先のことのようなきがするのだけれども、生暖かく見守ってもらえたり、お仕事や相談は気軽にしてもらえると、ありがたい。

ava01.com


メールは、ehnu.info(@)gmail.com ツイッターのDMでもFbでもなんでもいいですよ!

今週末は、VTuber体験会で、第2部が1枚だけ残ってるっていう盛況な感じで本当に良かった。
もし興味あるんだよなっていう場合は、ぜひポチッとして下さい。

vtuber-taiken-001-2.peatix.com

追記

チームKAKUNIの人がそれぞれレポを上げてくれていたので紹介!

booooooh522.hatenablog.com

リーダー

note.mu

onigiriさん。

みんなそれぞれいろいろな視点があるんだなー。

 

輝夜月賞もらったよwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwうぇwwwwwwwww