世界の果てで終末を待つだけの雑記

患った中二病は30代になっても僕を蝕む

春を迎えるのが怖い

ぼくが僕であるために、夜明けに僕が目を覚ましたら、僕はまた新しい朝を作るために、シーツの水面でプカプカと浮いていることだろう。
こんにちわぼくです。

1月はいってしまい、2月は逃げてしまい、3月は去ってしまうギリギリのところです。
皆さんは、春が来るのが怖くないですか?
僕は春がくるのが怖いです。
花粉と戦ったり。

単純に、日本にとって4月というのは新しい時間だという認識があります。
そして5月には連休があって、5月病というものにかかります。
アメリカだと、9月?10月始まりですが、すぐにクリスマスなんかが来るので、そこでやはりクライシスが来るのではないかと今思ったんですけど、どうなんでしょうか?
僕にはわかりません。

先日銀行から連絡があって、折り返したら、なぜだか外国人が出て、なんかグローバルな銀行だけど、こんな話通じない銀行なんて困ったな、と思っていたら、電話かけ間違えていただけでした。
その電話は、よくわからん海外からのリクルーターにコールバックしてしまっただけでした。(てへぺろ

春を感じていて、少し前まではあんなに暖かかったのに、まためっきり寒くなってしまって、気がついたら扇風機の前で、ああああああ、と言ってるおっさんが登場する夏になるわけです。
いや、いい加減あああああ、っていうのやめろよって感じだとは思うんですけど。
ついやっちゃうんですよね。扇風機ないけど。

幼い頃のことを思い出すと、ブラウン管だったし、扇風機にタイマーついてなかった気がするし、そもそもなんであんな大それたスイッチだったんだろうと思うんです。
あのガチャガチャするスイッチが好きでした。
扇風機の網の目が荒くて指がすぐに入ったし、あれは危ない。

展示会の準備は佳境に入ってきましたねと思いました。
大きい制作はあとは映像制作で、それが終わったら、家にぞくぞく届くはずの諸々を持っていく手配と、PCのセットアップ。
それが終わったら、細々と準備して、もう来週には本番なのです。

ということで、コンテンツ東京、6-21で、PXR合同会社、皆様をお待ちしております。
よろしくおねがいします。

www.content-tokyo.jp

そうそう、漫画をまた最近読んでいて、ブルーストライカーが面白いです。
漫画も一生懸命、主人公も一生懸命、作家も一生懸命。
すごく伝わってくるのが最高ですねーって思いました。

 

 

 

僕はこれでもロックと幼妻を愛している

考えていただきたい。
こんにちわ僕です。

ボヘミアン・ラプソディを見た。

古い友人からは『まだ見てなかったの?』『俺は二回見たよ』『禁じ得なかった』『ノロマ』と言われたこともあって、2月の終わり頃に見たわけです。
正直期待してなかった。何も期待していなかった。正直上演時間をチケット見た際に、長すぎる・・・、なんて絶望した。


前情報で、最後のライブが15分ある、なんてことも知っていた。

良すぎて死んだ。

こんなことってあるか?(正直もうここで、スペースキー15回分ぐらいの空白を取りたかった)こんなことないわけですよ。余韻だけでご飯いっぱい食べれます。
もうね、なんというか、超越しすぎていてやばいです。
全部フィクションとしてみたほうがいい。というのはそのとおりで。
泥臭いことも人間差臭いこともあるし、何なら物語としての山場なんてものはなく、落ちるものも、ないわけです。
それでも、あまりに良すぎる後味について考えてみると、何軸にも渡った関係がうまく働いたのかななんて思うわけです。

Queenとしての活動
バンド全体としての総意がめっちゃフィーチャーされてるところ。
ミスチルは櫻井さんのものではないか?みたいな話を中学時代にしていたわけです。作詞作曲桜井和寿。あとは、Mr.Children名義。メンバーの名前を知らない。
でも、クイーンはある時期までは全部メンバー個人個人がきちんとその作詞作曲の責務を負っていた。みたいなやつ。
どっちも正義だけど、ボヘミアン・ラプソディでは、きちんと和解の道を作るのが素晴らしい。

・ファンとメンバーの距離
家族とメンバー、ファンとメンバー、スタッフとメンバーの距離が絶妙。
なんといえばいいんだろうな、これ。わからない。

・ビジュアルと音楽
正直、古い映像を見て『これはいわゆるビジュアル系のひとがそこに行き着こうとするわ』と思う内容でびっくりした。
面長で白くて病的で細くて、かっこいい。何だこの変態バンド。最高じゃないですか。
別に映画とか関係なく好きになるじゃんこんなの。だめだよ、現代に持ってきちゃ。

フレディ・マーキュリーというカリスマ
正直、こればかりはわからないが、映画がフィクションであれば良いなと思った一番の部分。
こんなに寂しいと本当につらい。『君は本当に時々とんでもないクズになるな』みたいなセリフがマジで痛い。
死ぬかと思った。僕はクズじゃないけど。まぁ、弁護士に頼っている時点でクズかもしれんが。

あと大好きなシーンは、ウィ・ウィルロックユーのできるシーンが大好き。
『あのクズが』みたいなセリフと共に、『さぁみんなステージに上って、こうするんだ』『観客を巻き込むんだ』みたいな一連の流れがやばい。

まぁ、そんな話はどうでもいいな。

最近読んだ本が、すごく良かったので紹介させてほしい。けぇく氏のおそらくはじめての単行本(ちゃんと調べてない)なんだけど、本当に良かったから、みんな読んで。

 

ト或ル夫婦ノ日乗 1 (バンブーコミックス)

ト或ル夫婦ノ日乗 1 (バンブーコミックス)

 

 

僕は知り合いでも何でもないけど、いつも男の娘大好きって言ってるの、ツイート見てるから、ずっと応援してる。
そして、女の子かけたんですね。。。
もういつフォローしたのかもわからないけれども、本当に大きくなって、立派になったの、まぁ、それはどうでもいい。
幼妻サイコーですよ。弱視+病弱な主人公も最高ですよ、あと、大正時代ナ。
なんなんだよ、この感動のラッシュは。

4/3-4/5コンテンツ東京で僕と握手しましょう。
150通ぐらい招待状残ってるので、本当に、誰か僕と関わってください。
友達いないにもほどがありまする。

PXR合同会社はあなたのヴァーチャルライフを応援します。

VRM勉強会に行ってきました(簡易レポ)

こんにちわ僕です。
VRM勉強会に行ってきまして、ブログ書いてね、ととりすーぷさんが散々言っていたこともあり、覚えている範囲でLTの感想を書こうと思いました。
勉強会のスライドはここにあるよ!と教えていただけると、追記するかもしれません。気まぐれでゴメンね。

追記:こっちのほうがちゃんとスライド乗ってて更に詳しいから僕の記事読むよりも焼きそばメロンパンさんの記事読むといいよ!!!

qiita.com



Luppetで分かったVRMアプリ開発Tips /CST_negi
最初からすごかった。
LeapMotionってあんなに指取れるんだなっていうのが率直な感想。作者のCST_negiさん曰く『ウエストアップに特化してます』っていうコメントもすごく良かった。
身長差の吸収もある程度自動化しているっていうのも、首の骨の位置見てカメラの位置決めてるっていうのも目からウロコだったし、濃かった。
あと、UIについては思うことはいっぱいあったけど、そうだよな、実装考えるとそのようなのは正しい行って思った。
何より、動くニアちゃんは可愛かった。

VRMを使ったAR/MR撮影アプリを試作開発してみた話 /sotanmochi
これはワンオペで、モデルと現実をリンクさせちゃおうっていう試みで、装備こそゴツかったものの、GPDポケットで動いているらしく見た目がすごい感じになるんだなどうしてもっていう、感じだった。
凄さが、全然僕のテキストでは表現できないんだけど、バーチャルな存在との掛け合いがワンオペでできるようになるといえばいいのだろうか。
まぁ、今でもワンオペでなければ実現はされてるんだけど、ワンオペでやりたいんやっていう熱意がすごかった。

アバター生放送支援アプリ「アバれぽ」の紹介 /toRisouP
とりすーぷさんの言ってみれば公式のコメントビューワー+読み上げソフトなんだけど、魅せ方がすごく上手で、なれてるなーって思った。
ツールもふんだんにいろいろライブラリ使ってて、これこそ資料ないと何も僕からすごいところを伝えられない。
4月ぐらいに公開予定とのことで非常に楽しみ。アバターおけて、楽しく生配信できる補助ツールと考えると結構便利何じゃないかって思う。
VRMも取り込めるしね。(きっと

おめめのうごき /miyumiyuna5
みゅみゅ教授の講義。
VRMのおめめ、普通に骨指定するだけでも使えるけど、アヘ顔もできるよってものだった。
そもそもこの前に休憩時間あったんですけど、そこで会場をみゅみゅ教授が温めすぎて、ピザに対する意欲がわきすぎていた気がする。
僕は、いつ500円を腹言うのかわからず、結局払わないまま出てきたんだけど。
結論、VRMでもアヘ顔はできます。

誰でもできる!VRMモデルセットアップ小技集 /m2wasabi
色んな要素が詰まっててこれも資料内となんとも僕は魅力を伝えられないんだけど。
VRMでは他のマテリアルも使えます、というような一文があるんですが、使うためには組み込み側も設定側も実装が必要っていうのを聞かされて、なるほどなーって思った気がする。
MToonについても、法線マップの使い方と果実はあるよって話をしていたような気がする。
ただ、UTS2とは違って、加算合成だからビカビカになるよって話とかしてた気がする。
そんなきがするんや!!!

VRM対応スマホアプリ開発Tips集 /yashinut
ここで一番の目からウロコだったのは、iOSなら、VRMを直にアプリケーションにダウンロードできるように作れるよってこと。
いちいちiTunes経由で、VRM入れ込んでおったのじゃー。。。。
みなさんこれから、モバイルアプリ作るときは、そういうこーどしこんでおいてほしいのじゃー。

VRM姉妹のGLTF(GLB)はやればできる子! セルフビルド狐おじさんが教える動く背景データの作り方と対策 /ichitarok
32歳妻子持ち。仕事は音楽関係。かっこいい。
冗談はおいておいて、あんまり聞き覚えのないgLTFとはなにかというと、ばばん、virtualcastなどで使われている、ステージモデルでしたー。(他にもあるんだと思うけど
ステージ側でアニメ仕込む方法とか、書き出し方とか、マテリアルとかいろいろ伝えてくれていて、なるほどなーと思いました。
モデリングツール使える方なら、virtualCastもっと楽しくなりますね!って思った。
カメラの制御とかしかしどうしていたんだろうか。

VRMSpringBoneをJobSystem&ECSで最適化してみた話 /TEST_H_
Springboneの最適化のお話。僕は完全についていけなかったけど、興味ある人はこれだけで勉強会で何時間も出喋れる内容なんだろうなって思った。
ECSのほうは、どうしてもSpringboneが、けっきょくGameObjectに紐付いちゃって、完全分離ができないから残念仕様っておっしゃられていましたが、ぼくからすれば、GameObjectじゃないものをどうやって何刷るんだ?という感じで、ECSへの理解はずいぶん先になりそうです。
すいません、全然うまくかけないです。(今まで一つもうまくかけてないよ

(個人で)VRM対応のアダルトアプリを作っている話 /nkjzm
そうなんです。VRMって、権利の中に、静的コンテンツで使っていいかっていう表記があるんです。
なので、健全というかオープンな環境で、悪い方向に進むことなくアダルトなソフトを作ってますというのは非常にありがたいお話でした。
リリカちゃん可愛いですねって思ってましたが、まさかエッチなこともオッケーな子だったとは・・・。末恐ろしい。
僕は持ってないですが、モーションキャストの流れは広げていければいいのではないかなって思いました。まる。

最後懇親会だったんですが、ikkoさんとかお話できたし、少ないですが、知らない方と名刺交換させていただく中で、まじで僕何もやってないおっさんだなって思ったので、ちょっとね、なにかやっていきましょうねって思いました。
お付き合いいただいた方ありがとうございました。

あと、僕じゃない方が、完全版みたいな感じで、VRM勉強会のレポート書いてくれると思うので、資料などのリンクはきっとそちらにあると思うので、誰かヨロシク仮面
楽しかったです。

あと、本当に500円おいてこなくてよかったんですかね?

最近ベロベロに酔っ払って本当に良くない毎日

こんにちわ僕です。
2月の連休に関西に行って、京都を経由して金沢によって東京に戻ってくるという、まぁ普通の旅行をしたんです。
カニ食べた?』ってよく聞かれるので、食べましたが別に特別な感動はありませんでした。


それよりもはじめての・・・はじめての北陸、金沢だったのでそっちに興奮しました。
近江町市場を見て、お城を散歩して、兼六園に入って、21世紀美術館の外周だけを眺め、寒い中橋を渡って武家屋敷跡を見たりしてきました。
基本移動が徒歩なので、結構な距離歩きましたねーって言って万歩計的な機能を見たら1万歩をゆうに超えていて、なるほど結構歩きましたねってなりました。

結構勘違いされるんですが、僕は運動が嫌いというわけではなくて運動しないと宣言しているだけであって、必要に応じて動きます。
あまりタクシーも得意ではないです。結構使ってるように思われるみたいなんですけど、そんなことないです。

そこから、なんだかんだと毎日生産的ではないんですが生きてきて、結構やばいトラブルとかもありつつ、まぁ、なんとかお金以外はなっています
楽しいことしたいなーと思いながら、ツイッターを眺めているだけの毎日なんですけれども。
今年始まってまだお金を稼いでいないので、お仕事しなければなと思っているばかりです。

やりたかったことが少しづつ実現できてきているような、まだ全然できてないようなややこしい状態ではあるのですけれども。
まぁ、そのうちなんとかなるでしょうと思うわけです。
芸能人の方でもツイッターの方でも、たまに訃報を聞くので、なんか大変だなと他人事のように思っています。
でも全然他人事じゃないんですよね。
だってよく考えたら、ツイッターなんてもう10年近くやっているわけで、つまり10年という年月をかけて何も変わらない、年だけとったおっさんがここに爆誕したわけで。

そういえば、昔生放送していたときにコメントしてくれたヒトと、初めて話したんですけど、感慨深かったですね。何話していいのかわからず。
今も放送はしていますけど、頻度が落ちちゃったので。

新しいテクノロジーが出て、新しく興味も湧いて、新しい環境になって。
僕は今日盛大に寝坊をしましたが、処理すべきことはあまり何もなくて。
ちょっと寂しいなと思いながら、明日どうやって食べようとか、何して生きていこうとか、そういうことが自由なはずなのに、全然自由を謳歌できてなくて。
頭に自分でコツンと拳をぶつけながら、テヘペロってするんですけど、何やってんだろうなって思うわけです。

平安神宮でおみくじ引いたら小吉で『ポジティブに生きろ!』とつよくかかれていたんです。
笑う門には福来たるなんでしょうね。

そういえば、金沢からの帰りに人生ではじめての北陸新幹線乗ったんですよ。
で、指定は全部埋まってて、これはどうしたものかと思って自由席乗って、1時間半ぐらい何も考えずに寝ていたんです。
ふと目がさめたときには通路まで人がいっぱいで、あー、トイレ行きたいですわーと思うも、そこから2時間動けず。
なんとか東京駅まで持ちこたえました。人間、どうしてトイレがないと思う瞬間にトイレにいきたくなるのでしょう
ふしぎですね。

あと、和歌山市ジャンジャン横丁というのがあって、弟にカフェに連れて行ってもらったんですけど、ものすごく雰囲気が良かったので写真置いておきますね。

最近読んだ本とかインフルとか髪を切ったとか

こんにちわ僕です。

先週の土曜日に風を引いたなと思ってないかに行ったらインフルでした。
5日間自宅謹慎していました。

前日になんかものすごく寝ていたら体が熱くなったんです。
おっあついなと思って、でもまだその時はけだるげもなく寝直したんです。
朝起きてふらつくので、ねつをはかったら、38.3度。
やばいねって思いながら着替えて最寄りの内科に電話したら初診だけど予約取れて。
インフルだと診断されてからかいもの行く元気はなかったので、ゼリー飲料などを買い込み。

内科で問診票かいてるときにはかったねつが39.3度。
待つこと1時間診察へ。プラの棒を鼻に入れられていたくすぐったい。
インフルA型でした。人生初インフル。
普通の人間でございました。

その前日に髪を切っていたから冷えたのかな?とか。

遅くまで飲みに行っていたのが堪えたのかな?とか。


クラフトジン美味しかったです。


いろいろ思い当たるフシはあるんですが3日間寝続けて、4日目に家の中でウロウロしながら作業したりして、5日目もそろーりでかけたりしてました。

昨日住民票の移動とか、いろいろ終わりまして、携帯の住所とか変更しないといけないんですけど、まぁ。

VROID初期リリース版しか触ってなかったのです。
最近良くなっているみたいに思えたので改めて触ってみると、すごく良くなっている。
いろいろ課題だった3Dアバターを作ってみました。

hub.vroid.com

その後のClusterへの登録がいまだできてないわけですけど。
髪の毛のマテリアルの参照がやばいことになってるらしくて、どうにかできるんだろうか、これ。

VRCへの登録は、もうちょっと落ち着いたらやろうかと。

なんと、もう、2月。

最近読んだ本、ほしのこえの小説版今更読んで、物語が完結していて、本当に良かったなとか。

 

小説 ほしのこえ (角川文庫)

小説 ほしのこえ (角川文庫)

 

 

 

 すごい好きなシリーズなんですが、刊行ペースが年1で、死ぬまでに終わるかなーとか。

 

サマータイムレンダ 4 (ジャンプコミックス)

サマータイムレンダ 4 (ジャンプコミックス)

 

 4感出てたの見落としてたり。3巻は田中先生節がすごかったけど4巻はまた結構それが抑えられていい感じになってる。

 

ホリミヤ(12) (Gファンタジーコミックス)

ホリミヤ(12) (Gファンタジーコミックス)

 

 惰性で買ってるけど、いいよな青春、美男美女はさーって思う。おもしろいよ。


追伸:インフルで、宇宙さんの唯一あったライブにいけませんでした。

最近読んだ本について

こんにちわ僕です。

最近本をまり読んでいなかったので、反動で本を割と読みました。

 

ジョーカー・ゲーム (角川文庫)

ジョーカー・ゲーム (角川文庫)

 

 解説では中野学校を引き合いに出されていましたが、フィクションでありながら、スパイとはどういうものか、という片鱗に触れるにはちょうどいい作品だったようにお見ます。アニメは3話ぐらいで看るのをやめてしまったんですが、小説はスイスイ読めてよかったです。

 

 おばあちゃんの昔の姿が描かれていて、なるほどなーって思いました。続きが楽しみな作品です。

 

転性パンデみっく (3) (裏少年サンデーコミックス)

転性パンデみっく (3) (裏少年サンデーコミックス)

 

 TSものなんですが、今回は水着あり身体測定ありの何でも回でした。好きな方はどうぞ。可愛い子がたくさん出てきます。

 

https://www.amazon.co.jp/dp/475807898X

 すごくすごく良かった。これからも気になるけど、百合作品と言うには儚すぎるし、健気すぎる。

なぜか、リンクが貼れない。

きみが死ぬまで恋をしたい

という作品です。

 

 もともとPixivで連載されていたようなのですが、商業出版されているこちら。ニートの子が可愛すぎてもげます。僕も社会復帰がとても難しく感じている人間なのでよくわかります。(わかるの?

 

普段の読書の習慣を忘れてしまうと、反動でたくさん読みたいですねってなってしまうのは、なんででしょうか。
あと、面白い本読むと、テンションが上りますね。(なにもない顔をしながら。

雑記#20190118

こんにちわ、僕です。

先生とそのお布団、を読了し、ぼんやりと部屋の隅っこを眺めていました。
とても良かったのですが、僕にはそれをうまく伝える手段を見つけられません。

 

先生とそのお布団 (ガガガ文庫)
 

 

僕は今また生きる上で何十回目か何百回目なのかわかりませんが分岐点に立たされているなと思います。
いつもそういう時のことを忘れてしまいます。
苦しかったことや、ギリギリだったときのことを、僕は完全にいつも忘れてしまいます。
人生において、後で、とか、次は、ということはなくて、今しかないと考えているのです。

カラオケの名前を記帳するときに、十代が並ぶ中で、30代を示したときの背徳感のようなものを未だに引きずっています。
昨年末に僕のオタク活動の中心にいる、宇宙さんのバンドのメンバーの方が『ホテルで自分の年齢書いたときにおじいちゃんなんだなって感じたよ』って言っている気持ちが少しだけ分かります。

ずっとずっと昔の自分はたくさんのことを世界に期待していました。
でも、そんな期待はことごとく粉砕されてきた過去があります。
そのたびに僕は世界からは不要なものだよと言われているような気がしていました。
あながち間違いではないことをそろそろ自認し、調和を受け入れるべき時期なのかもしれないです。

生きていて立ち止まるときは、いつも不安とわからないことで息苦しい気がします。
毎日が成功で満ちている人生なんてものはないのかもしれません。
苦しいこともあり、それが人生なのだということはできるかもしれません。
しかし、僕はやっぱり人間ですから、苦しくない人生がほしいなと思います。

ここ最近ずっと家にこもってYouTubeを看るか、外に出て人と会うだけの毎日です。
僕は、風邪も引いていないし、それなりに楽しくやっているように考えていました。
けれども、隠しても鉛筆の芯はすり減っていくし、今を観測する自分が弱ってしまうことによって、睡眠がとても長いです。
体に不調がないのに、ほとんど仕事もしていないのに、精神だけが著しく細り弱っているような気がします。

いいかげんにしろよ、しっかりしなさいよ。という声が聞こえてきそうですが、できるなら僕もそうしたい。
弱音を吐くためだけにブログがあるわけではないです。
痰壺みたいな無意味なテキストを保存しておくための場所が欲しい。
よく考えたら、それが僕にとってのインターネットだったじゃないですか。
僕なんて、といつもしょげてしまいますが、いつの時代も君は大丈夫だよって、言ってくれる人間なんていなかったじゃないですか。
僕にとっては、少し先か、少し前の自分が自分に向かって、そんなことはないよ。と言ってくれるのが世界なのだという気がします。

沢山の人に祝福してもらって、声をかけてもらって、でも関係がうまく続けられないのって、僕に根本的な問題があって。
でも地震にその課題をクリアする気がなく、インスタントな感情だけで乗り切っていくつもりなら、僕は生き方としてそれしかできない。
多くの友人がいるはずなのに、真正面から対峙することが怖くて、斜に構えてかっこつけている。

古い友人から『お前には友だちがいないからな』と言われたときに、正直どこか少し安心をしました。

僕は年下の女の子がすきです。
そのことについては特になんの考えもなく、単純に年下の可愛い女の子が好きだ、という事象のみが存在しています。

大事な人について書こうと思ったんですが、書いてしまうとなんだか陳腐ですね。

先生とそのお布団、を読んで、石川先生が求めているものってなんなんだろうなって改めて思いました。
僕は石川先生の本が好きで、できればすべて文庫で買いたいのですけれども、電子版が出ているものについては、電子版で買っています。
去年読んだものは、『海辺の病院で彼女と話した幾つかのこと』しか記憶に無いのですが、それも石川先生の作品です。
僕がふと過去を思いふけったときに、石川先生の作品を思い出すことが多いです。

石川先生の独特の世界観を知りたいと思って、多くの作品を旅したこともあります。
無意味でした。読者はじっと待つことしかできないのです。
2017年の作品を2019年に改めて見つけて買うぐらい、書店に行かなくなった僕です。

僕は会社をはじめましたが、まだほとんど取引という取引もなく、宙ぶらりんに部屋の中でゆらゆらしています。
大きな花火を上げたいという華やかな淡い期待はどんどん小さくなりました。
眼の前にある、明日死ぬかもしれないなというひんやりとしたギリギリの位置で、僕はどうにか踏みとどまっています。

幻聴で、『ヴゥゥゥゥー』という、ケイタイがバイブする音が聞こえます。
僕は明らかに何かに悩ませれているのですが、その正体はつかめません。
やりたいこともわからなければ、生きていく指針すら怪しい毎日です。

中二病を四半世紀近く続けることになるとは思いませんでした。

まぁ、なんとかやっていくんじゃないでしょうか。