世界の果てで終末を待つだけの雑記

患った中二病は30代になっても僕を蝕む

恋人と別れました

先月の27日に別れていました。

半年も一緒に居れなかったのかなって思うと、少し自分の幼さが表に出たような気がして少し情けないのですけれども。

久しぶりに無邪気な恋愛をしたような気がしていて、すごくありがたい気持ちだったのですけれども、いろんなことを言い訳にして、会わなくなってひと月以上経って、結局ボクの方から、ごめんね、ありがとうっていってしまいました。そのこととは関係ないのだけれども、キーボードを代えました。見た目は全く同じだし、メカニカルなのですけれども、前のヨリモより柔らかいストロークのものにしました。何軸から何軸になったのかはちょっと良く覚えていないのですけれども、今回はすこすこっと入力できるものにうしました。

小説を書こうとしても全く進まらなかったのでなにか気分転換が必要だなって思っていた時に、使っていない開けただけのキーボードが在ることに気がついて、ふらふらっと替えてしまいました。まえのはまぁ、手垢でっていうのと印字が消えかかっていたりしたぐらい使ったので、替えてもバチは当たらないでしょう。でも、何だかすごく不思議なタッチです。

 

自分もこんなふうに人生をスイッチできるのなら何かが変わったのかもしれないなぁと思ったりするのですけれども、これから変わっていけばいいのです。スイッチするように人生は変わらないのだけれども少し継続してみようかなって思っていたりします。実際にどの程度自分がその継続によって何かが変わるのかはわからないのですけれども、まぁ、実際結構いろんなことが変わり始めているような気がしている。まだ気のせいかもしれないけれども、その気のせいが気のせいじゃなくなるまでそんなに時間は必要じゃないような気もしていたりしていて。今年は本をかけるような気がしていて、だからこの些細なキーボードの変更ということもプラスに働けばいいなって思ってる。

 

 

Novation MIDIコントローラー LaunchKey 49

Novation MIDIコントローラー LaunchKey 49

 

 音楽の方はこのキーボードを買った。

最後まで、

 

KORG MIDIキーボード taktile-49 タクタイル 49鍵

KORG MIDIキーボード taktile-49 タクタイル 49鍵

 

 taktileと迷ったのだけれども、ミキサーもZED10だったりするので、Novationと自分の相性が良いと信じたくてLaunchkeyの方にしてみた。お金はいつもどおり無いのだけれども。まぁ、そのうちなんとかなるかなって思って。

トラックは自分で打ち込んでいくことは少ないかもしれないけれども、ループ音源から1割でも離れてみたいなっていう気持ちがあって、特にドラムループについては、低速の倍の速度で打ち込んでみたいと思ったりして、そのためには自分でPADを叩かないとなって思って。ちなみに店頭でPADを叩いた感じは完全にtaltileのほうが好みだったんだけど。。。まぁ、オレンジ色の差し色も気に入ってるし、届くのが楽しみだ。

(さっきポチったばかり)

 

運命とか無いと思うけど、何が何処でどうなるのかわからないので、もしかしたら運命とか在るのかもしれないなぁ、なんてぼんやり思っている。

今日もトラックを作っていた。アンビエント作るには僕の趣向が偏っている。どうしてもハードコアな感じになってしまう。四つ打ちベースゴリゴリやってたら、そんな感じ。

音楽も文章も新しいキーボードでやっていきたいと思った。

 

僕はほら、カタチから入る人ですから。