世界の果てで終末を待つだけの雑記

患った中二病は30代になっても僕を蝕む

どこにもいけない、どうしようもない

身を焦がすような激しい恋をしている

たまらず僕はポエムを書いた。

 

街灯が緩い光を放つ下、帰り道を急ぐ僕の手はかじかんで、白い雪が舞い降りては、目の前で消えていくから、無関心を装ったの僕は少し早歩きになる

恋いこがれて焼き付くような思いなのに、会えなくて声も聞けないから、僕の生活を呪うよ

呪詛に囲まれた嘘つきの僕は秒速3万キロメートルの風にきりもまれて一瞬で姿形を無くすから、君に会う以前、僕は僕という存在を消す。

あまりにも遠い思いは銀河の彼方みたいに思う。僕は今どこにいる。

昇華した涅槃の空気、同調姿勢を見せる神様、蹴り飛ばして罰を受けるよ

君は地獄行きだね、とおかしそうに笑う神仏に哀れみを覚え、慈愛の心よりも強い嫉妬の渦が君に向かうんだ。

会いたくて、会いたくて、会えないからただ、ブルジュハリファを指先一本で倒壊させる

強い思いが死んだ人間をよみがえらせ、集落を支配するよ。

君へ届け、この恋心。

 

 

ハードロックだ。そういう気持ちだ。胸のビートが早くなる。

仕方がない。