世界の果てで終末を待つだけの雑記

患った中二病は30代になっても僕を蝕む

着る毛布がだめさを加速させる

それでもしのげない寒さがある。どうなっているんだ、世の中。(冬です

 

朝からあまりにもだるくてどうしようもなかったのですけれども、今もそのだるさは続いていて、原因が分かっているので、時間がたてば直るのですけれども、どうも体質の合う合わないという問題はどこに行っても直面するモノだってさ。じっちゃがいってた。いってないけど。

朝6時すぐに目が覚めたのだけれども、何度となく下痢を繰り返し、次に起きたら11時前だった。メールチェックだけをして、パソコンに向かったが、進展もなく、日付が一日進んだだけだった。どんどん年末に向かっていく。今年中に何ができるんだろう。と思うと怖くなる。考えることをやめたい、耳をふさぎたい。

 

文章でも書けば少しは気もはれるかと思ったのだけれども、全然だめだった。