世界の果てで終末を待つだけの雑記

患った中二病は30代になっても僕を蝕む

春を迎えるのが怖い

ぼくが僕であるために、夜明けに僕が目を覚ましたら、僕はまた新しい朝を作るために、シーツの水面でプカプカと浮いていることだろう。
こんにちわぼくです。

1月はいってしまい、2月は逃げてしまい、3月は去ってしまうギリギリのところです。
皆さんは、春が来るのが怖くないですか?
僕は春がくるのが怖いです。
花粉と戦ったり。

単純に、日本にとって4月というのは新しい時間だという認識があります。
そして5月には連休があって、5月病というものにかかります。
アメリカだと、9月?10月始まりですが、すぐにクリスマスなんかが来るので、そこでやはりクライシスが来るのではないかと今思ったんですけど、どうなんでしょうか?
僕にはわかりません。

先日銀行から連絡があって、折り返したら、なぜだか外国人が出て、なんかグローバルな銀行だけど、こんな話通じない銀行なんて困ったな、と思っていたら、電話かけ間違えていただけでした。
その電話は、よくわからん海外からのリクルーターにコールバックしてしまっただけでした。(てへぺろ

春を感じていて、少し前まではあんなに暖かかったのに、まためっきり寒くなってしまって、気がついたら扇風機の前で、ああああああ、と言ってるおっさんが登場する夏になるわけです。
いや、いい加減あああああ、っていうのやめろよって感じだとは思うんですけど。
ついやっちゃうんですよね。扇風機ないけど。

幼い頃のことを思い出すと、ブラウン管だったし、扇風機にタイマーついてなかった気がするし、そもそもなんであんな大それたスイッチだったんだろうと思うんです。
あのガチャガチャするスイッチが好きでした。
扇風機の網の目が荒くて指がすぐに入ったし、あれは危ない。

展示会の準備は佳境に入ってきましたねと思いました。
大きい制作はあとは映像制作で、それが終わったら、家にぞくぞく届くはずの諸々を持っていく手配と、PCのセットアップ。
それが終わったら、細々と準備して、もう来週には本番なのです。

ということで、コンテンツ東京、6-21で、PXR合同会社、皆様をお待ちしております。
よろしくおねがいします。

www.content-tokyo.jp

そうそう、漫画をまた最近読んでいて、ブルーストライカーが面白いです。
漫画も一生懸命、主人公も一生懸命、作家も一生懸命。
すごく伝わってくるのが最高ですねーって思いました。