読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界の果てで終末を待つだけの雑記

患った中二病は30代になっても僕を蝕む

100万円の指輪をあげた話

あれはいつだったか思い出せないのだけれども、結構前の話だ。
最近ようやく笑い話としてたどたどしく話せるようになった事があり、
それは何かというと『100万円相当の指輪をあげた』話だ。

僕が会社勤めを初めて1年ぐらい経ったときに、色んな経緯で一瞬だけ付き合った恋人がいた。
正月の帰省から帰ってくると彼女は消えていた。
何の跡形もなく。まるで最初から存在していなかったかのように。
僕はなんとなく予想していたので、まぁ、そういうこともあるだろうと思って、いろんなものを諦めた。
その話はまた今度しよう。

その後僕は随分アポイントを埋めて色んな人にあった。
今はもうないカフェや飲み屋で、時には二人で、時には15人とかに膨れることもありながら、2週間を過ごした。
僕は最後の方は疲れ果てていて、何も喋らなかった。

最後に来た女の子は、異常な美少女だった。
ふたりとも喋らなかった。無言の時間が流れた。
新宿の今はもうないユイットだ。
でかいマグカップに入ったコーヒーを疲れた顔をしてすすっていた。他愛もない話を少しだけした。
僕は帰りにエレベーターの中で彼女にキスをして、もう一度会いたいと言った。
彼女は驚いく様子もなく、いいですよと言った。

それから僕達は付き合って、4年弱の同棲生活を彼女の卒業とともに始めた。
僕はすぐに性交渉に対してレスになってしまうところがあり、そういう意味では全く彼女には申し訳なかったのだけれども、
ふたりともインドアであったこともあり、割と楽しくやれたようなきがする。
いろんなことはったと思うのだけれども、忘れてしまった。
狛江で過ごした一番楽しい時間だった。

3年目のクリスマスだと思うのだけれども、婚約指輪を彼女に渡した。
それが100万円相当のものだったんだけれども、実はここについていたダイヤモンドは、祖母の形見だった。
『気持ちが重いかな』と僕は恐る恐る聞いたが、『大丈夫、嬉しい』と彼女は言ってくれた。
台座はイエローゴールドで、小さな羽とハートをあしらったオーダーメイドだった。これだけでも20万近くかかったんだけども。
それから一年と少しで僕たちは結局別れてしまったのだけれども。

彼女は極端に人間となじまない人で、僕以外の人間以外は職場の人としか喋らなかった。
あと彼女は自分をお人形さんのように取り扱ってくれる男性にしか興味をしめさなかった。
遊び友達もなく、僕は彼女と共通の友人を作ることができなかった。

子供を作らないという選択肢が僕を苦しめていたというよりも、それはただの言い訳だった。
僕は子供を作るかどうするかまだまだ迷っているし、正直彼女がいらないと言っていたことに乗っておけばよかった部分は大きくある。

父が死んだとき、僕は彼女と同棲状態にあったがすでに別れていた。
電話をする相手もなく、ただどうしようもない僕が彼女にメールをすると、『行こうか』と言ってくれた。
ありがとうと言って断ってしまったが、本当に少しだけ救われた気がした。

彼女とはとても理想的な生活をしていた。
家賃が僕が払い、残りの生活は彼女が払っていた。(家賃が9万円ぐらいだったので、そこを上限として)
9万円を食事や光熱費に使うことは難しいので、貯金していたようだった。
僕が料理をする、彼女と食べる。一緒に駅で待ち合わせをして外食をする。
稀には休みの日にデートする。

完璧な人間なんて存在しない。
僕は彼女の欠点に目をつむるべきだった。
それだけでよかったんだと思う。でも彼女はもういない。

それから僕はまともに恋人として付き合った人はいない。
ほんの数ヶ月の単位でならあるけれども。

100万円の指輪の話は、こんなチンケな話だ。

僕の人生は、もうほとんど終わったんだ。