世界の果てで終末を待つだけの雑記

患った中二病は30代になっても僕を蝕む

ここさいきんのこと

君の名は。をみた。
非常に良かったのだけれども見ている間ずっとお小水を我慢していて、全然集中して見れなかったので、配信が始まったり、Blu-rayなどが出たりしたら買おうかと思う。じっくり見るべき作品では?とおもった。
しかし別に、ちょっと一風変わったボーイミーツガールとも思えるところもあるので、別にそんなに特別視はしていない。
純粋に面白かった。
もっかい見たいけど、劇場なのかって聞かれるとそれはわからないなっていうだけのことで。


「君の名は。」予告

TOKYO INTERNET LOVE をみた。
スズキケンタ監督作品で、若いな、でも美しいな、この世界は今の彼にしか見ることは出来ないんだろうなって思った。
僕はアマチュアの監督を山のように知っているけれども、少しとんがって美しいかなって思って、だから自分の好きなモノをどんどん作って欲しいなって思った。


Tokyo Internet Love (2016)

「大都会」と「砂丘」というイベントが有る。トマドが毎年仕掛けていると思われるイベントなので毎年楽しみなのだけれども、今年は渋谷WWW/WWWXでやるみたいなので、すごいなって思う。
糞でかい箱という前情報しかないので、楽しみにしている。

kai-you.net

自由研究発表会で、女装について話した。
久しぶりのLTは、事前にわかっていたことだけれども、ヴォリュームが少し足りなかったかなと思った。
しかし発表してみて思ったのは、『僕はどちらでも在りたくないのだ』ということ。
恐らく区別されたくないのだろう。
しかし自分では、自分が男性だとわかっているので、ちゃんとトイレは男性用を使うし、個室が空いていたら、個室に入る。そして座る。
生き振るまいという点において、固定しないことが自分にとって結構楽だったりするので、ちょっとの間はこういう生き方をとってみたいと思う。

ずっと疲れることが多くて、今も多いので、せめて文章ぐらいは自由にかけるだけの能力があればいいのにと思う。
でも残念ながらそんな能力が自分には無いので、諦めにも似た感情だけがある。
8月と夏が終わるけれども、9月という残夏がある。
納涼船、それから名古屋へ、AJPCと、まだイベントは残っている。

www.nouryousen.jp

www.ajpc.jp

家に帰る前に梨でも買って、秋を感じるのもいいかなと思った。

家があまりにも汚いので、片付けたほうがいいことは知っている。