読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界の果てで終末を待つだけの雑記

患った中二病は30代になっても僕を蝕む

【プロット-20】気付けなかった助けて

にじゅうにちめ!!!

 

部屋を片付けていると出てきた、古い恋人からの封書。喧嘩別れした彼女からの最後のてがみで、中身を読み返すと、甘酸っぱくてほろ苦い内容だった。何度か読み返して手紙を置いた。コーヒーを豆から挽いて、熱々のマグカップを机に置くと、もう一度便箋に目を落とした。ふとした違和感。頭文字をとって読んでみると、誰にも相談できないことがあるの助けてほしい。という文字が浮かび上がってきた。数年ぶりの恋人への連絡はためら部屋を片付けていると出てきた、古い恋人からの封書。喧嘩別れした彼女からの最後のてがみで、中身を読み返すと、甘酸っぱくてほろ苦い内容だった。何度か読み返して手紙を置いた。コーヒーを豆から挽いて、熱々のマグカップを机に置くと、もう一度便箋に目を落とした。ふとした違和感。頭文字をとって読んでみると、誰にも相談できないことがあるの助けてほしい。という文字が浮かび上がってきた。数年ぶりの恋人への連絡はためらわれたが、かけた先では穏やかそうな結婚生活があった。ぼくは連絡を絶つと、穏やかに眠ったが、夜中に電話の音で起きる。昔の恋人から、助けてほしいという悲痛な叫び。今育てているのは父との間に出来た子供だという。ぼくは黙殺することもできず、旦那に気がつかれないように調査を始める。われたが、かけた先では穏やかそうな結婚生活があった。ぼくは連絡を絶つと、穏やかに眠ったが、夜中に電話の音で起きる。昔の恋人から、助けてほしいという悲痛な叫び。今育てているのは父との間に出来た子供だという。ぼくは黙殺することもできず、旦那に気がつかれないように調査を始める。

 

鴨が好きです