世界の果てで終末を待つだけの雑記

患った中二病は30代になっても僕を蝕む

太りましたので痩せます::低炭水化物ダイエットどころじゃないほぼ皆無炭水化物ダイエット

見出しのとおりなんだが、巷で噂のアレとはちょっと違う。

GI値とか無視してほしい。

 

その前に、前段が在る。長くなると思うから読み飛ばしてくれていい。僕は歯を磨く。

去年のことだ。僕は実家に帰ると、あまりにも太りすぎていた。太りすぎていて、びっくりするぐらい、というよりもびっくりして死にそうになった。このまま吊ったら縄が切れるんじゃないかと思うほどだった。なのでそれはまずいと思ってダイエットを決意するも、

『祖父との生活』が僕を苦しめた。

祖父は僕がひもじい思いをしないように、離れに住んでいても昼と夜についてご飯を一緒に食べていたのだ。これは僕への祖父孝行もあるし、そうしないといけないほどに金が無いという側面もあったわけなのだが、とにかくこれが効いてくる。運動はしない。ご飯は祖父が食べさせてくる。絶対に痩せない。そんなこんなで就職が決まったからといってスーツを作りに行ったわけだが、明らかに今までの自分と違うサイズ感のものを店員が渡してくる。なんてこったい、そうか、僕は完全な小デブになってしまったのだね。そうこうしているうちにバリに行ったり九州に行ったりしたあとで、去年の夏の終わり頃、僕は就職をした。約半年働いたわけだけれども、1日程度休んだぐらいで無遅刻な平社員だった。

さて、小デブな僕なわけだけれども、これは良くないということが健康診断ですら出てしまった。いい加減まずい。

そこで僕は当時は以下の方法を用いて3週間ほどで10キロ強を落とした。

 

1.家計簿をつける

お財布から出て行く現金はすべてつける。IDについても同じだ。全部記録に残す。

2.カロリーをつける

1日670キロカロリーの摂取以下を目標に食べたものをすべて記録する。

ちなみに成人男性の一日の活動カロリーは1600キロカロリー程度なので、これ以上やったら死ぬよ?というところぎりぎりのアプリからの警告があっての上でのことです。本当におすすめしない。

3.昼食を野菜+お肉(黄金チキン)+インスタントスープのみにする

朝は食べない。会社でコーヒー(ブラック)を飲む。

昼は上記二点と、さすがに怪しいのでごまかし程度の160円相当のインスタントスープを食す。これで大体400キロカロリーあるかないか。

夜は申し訳程度に、食べない。お酒を飲んで空腹をごまかす。

この時飲んでいいのはウィスキーなどのエンプティーカロリーと呼ばれるものだけです。ビールなどはダメ。

4.土日は普通の食生活をする

炭水化物をガッツリ抜きつづけると、そのまま低血糖で倒れてしまうそうです。

祖父孝行と自分のために土日とお休みは普通の食生活を送っていました。

 

以上をガッツリ3週間ほど続けたところ、大体1週間目で3キロ、残りで七キロほど落ちました。ちなみにこれをゆるく続けていると、そもそも食事に興味がなくなってきたので、良くないなぁ、と思いつつ、ハンバーガー程度をお昼に食べるようにしていたら、ほとんどリバウンドありませんでした。

運動はしていません。

 

と、云うのが去年のお話、前回。

 

さて今回。イベントの中で女装でもするかーと思ったところで自分の体を改めて見返してみると、明らかにちょっと重いんだよね、ってことで、久しぶりに体重計に乗ったら、あーあー(健康診断時より+8キロ)ってことになってまして、ダイエットを決意したわけです。

そもそも、なんで太るかって言うと運動していないこととストレス。あとビジネスランチ。ビジネスランチは良く出来ていて、本当にたくさんのご飯とかパスタとか当然お肉も食べさせてもらえる。しかーし、裏返すとビジネスランチがあるから太りやすい環境であることもまた事実なのです。ビジネスランチで太らない人は、ちゃんと運動していたり、もともと太りにくい体質だったりするのではないでしょうか。

で、ちょうど転職のタイミングだったのでいいやと思って始めてみました。

今回はちょっと代謝アップと、そこまでの減量は求めない方向でやってみようと思って今5日ほどたちました。今のところマイナス3.5キロ程度ですがどこまで行けるかはわかりません。

今回は、コーラック様の力を借りています。皆さんには絶対におすすめしないですが、宿便と、取れやすい内臓脂肪が落ちるっぽいので、コーラック様の力を借りるのも手かもしれません。ちなみにマックス7日で、マイナス2キロが限度です。それ以上やると、余計に便秘になったりするそうなので、と言うか鼻からダイエット用に下剤を使うのは僕は反対です。

最初の1キロを落とすために僕は使いました。

 

今回の基本方針ですが、

1.記録をつける

これはからだムーブに対応した体重計を前回買っていたのでそれを使っています。

色々種類があるので、お財布と相談して決めて下さい。

僕が使っているのはこれです。NFCが付いているので簡単にケータイと同期できます。 

2.スープ

後述します

3.出来るだけの炭水化物を取らない

これはそのままです。ありとあらゆる炭水化物を取らないようにしています。

しかし、これはすでに何度か破られており、その度に、折れ線グラフが出来上がっております。つまるところ一人暮らしの中でほんとうの意味でのぼっちにならない限りは、ビールを飲んだり、側を食べたり、揚げ物の衣を食べたり、するのでなかなか完全絶ちとはいきません。今回これやっていることによってわかったのは、すぐに元に戻るぞ、今回ってことですね。危機感を持ってやっていきましょう。

 

今回の本題です。

『スープレシピ』

1回で6-7食分を作ります。小分けで作らないのは作れないからです。

 

まず、圧力鍋を用意して下さい。

材料は以下です。

・鶏肉(500g程度)::胸肉でももも肉でもいいよ!

・キャベツ半玉

・玉ねぎ2こ

・人参一本

・セロリ一本

・生姜半分

・トマト缶(カット)

・チキンブイヨン2こ

・サラダオイル少量

以上です。

 

・鶏肉を一口より少し大きくカットします。サラダオイルで温めた圧力鍋で炒めます。

・ある程度鳥が炒まったら、玉ねぎを櫛形に切って1個を八等分にしたものと、セロリを1センチ大に輪切りにしたものを、鍋に入れてトングでかき混ぜます。油が回ったかなと思ったら、乱切りにした人参を加えて更に炒めます。

・油が回ったら、水を100ccほど加えます。チキンブイヨンを入れ、生姜のはんこ分をすりおろして上から豪快にまぶしかけます。

・きゃべつを適当な大きさに切ったものを、ぎゅうぎゅうになると思いますが、鍋につめます。

・ぎゅうぎゅうの鍋の真ん中をトングで穴を開けてトマト缶を流し入れます。

・蓋をきっちり閉めて加圧調理します。加圧が始まったら大体3分で僕は火を止めて圧力が抜けるのを待ちます。

 

ちゃんと圧力が抜けていることを確認して、開けてます。すると、キャベツから水分が抜けだしてちょうどいいぐらいのトマトスープが出来上がっています。

これしか食べません。すぐに飽きます。でも仕方ないと思ってこれだけ食べてください。

あとはコーヒーとか、ウィスキー程度です。

1日に大体2回ほど丼いっぱい食べても、約600キロカロリーです。

なので他のものを食べるともうすぐにアウトです。これを約2週続けようと思いましたが、時間がないので約1週で切り上げることになります。

今のところ減っているので、面白いものだなぁ、と思うわけです。食べてるのに痩せるというか、体重が減るっていうのは、変な感じです。

今回のスープの工夫は、代謝を上げるためにオーバー生姜摂取をしているところです。実はこれのおかげなのか最近寒いですが手足はあったかぬくぬくです。

ちなみに最初の3日は超きついです。とにかくご飯が食べたい。そこだけは我慢です。

12月後半までにスープだけでは乗り切れないので、サラダとインスタントスープの生活も戻ってくると思われますが、どこまで落ちるのかやってみたいと思います。ちなみに忘年会のシーズンなので今回は失敗する確率がかなり高いです。

 

なので、メイド服は男性用のLを買いました。

準備は万端です。