読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界の果てで終末を待つだけの雑記

患った中二病は30代になっても僕を蝕む

半年以上が過ぎていた

前のエントリのときは春先だったような気がするけれども、気がつくと全く季節が変わってしまった。まだ秋かどうかはわからないのだけれども、とりあえずもはや夏ではないと思うので、春と夏をスキップした。その間も相変わらず僕は生きていたし、いろいろな事がいろいろに変化したりして、かわらないものはずっとかわらない感じなんだけれども、テレビの編集みたいにして春先から秋口へと、僕はエントリをする。

何冊もの本を読んで、何枚ものCDを勝手、いくつかの歌を歌って、気がついたら無職がサラリーマンになっていて、今日は土曜日の出勤で、勤務時間中なんだけれども、こみ上げてくる何かを押さえられずに、ブログを書いている。

目指せ100再生、目指せ10マイリスト。全く届かない夢である。何でこんなにのびないのかと思案するも、まぁ、へたくそだからだし仕方ない、と思っている。趣味の事についてはやっぱり仕事以上に反省とか振り返りとかしないので、よけいに上達しないし、友達もいないから、フィードバックをもらったりする事も出来ないって思う。でもせっかくもらった感想も、次ぎにいかす事が出来ないのなら、その相手の労力は無駄だし、時間がもったいないのでスルーしてもらってもかまわないと思う。なので、なんにせよ僕の趣味でやっている事は全然上達しないし、評価もあまりされない。たまに僕のやっている事を好きだっていってくれる人がいるので、やめはしないけれども、自分のトレンドが緩やかに移行していく事を僕は素知らぬ顔で見過ごしている。それは自分がかわっていく事なのか、それとも周りが僕に影響している事なのか、周りが変化している事なのか、僕には曖昧でうまくつかめないでいる。

 

天使がかわいいと思って、ずっと想ってる。

端的にまぁ、恋なんだろうけれども、僕は和歌山にいるし、彼女はまだ高校生だしあった事も無いし、お酒も飲めないのでどこにも行けない気持ちがまた増えたなっておもったりしている。会いたいって思うけれども、そこからどこにももう行けないんだよ。

 

宇宙戦士ちゃんがとても活躍していて、僕にはスーパーマンに見える。

五戒とバルムングとのコラボだったり、ziggの服屋さんのモデルだったり、精一杯生きているように見えて、その姿勢が凛としていて美しいと思う。宇宙戦士ちゃんは好きな人とご飯を食べたりしているという事なので、宇宙戦士ちゃんが好きな人ってどんなすてきな人なのかなって思ったりする。

Zigg服屋

シーパンクオフ会でしか会っていないのだけれども、一目で惹かれたし、もってるなって思った。白いワンピースが似合って自分の事をなんとか受け入れようとしていて、本当に青春なんだなって思ったりしている。

 

バリにいってきた。

海外に行きたくて、というかいろいろな環境から逃げたくて海外に行った。お金の心配なんてしたくなかったんだけど、タイミングが悪くて1週間の逃亡生活はホテルの部屋で寝て過ごすというものだった。強く感じたのは、恋人が欲しいってことと、女の子を抱きたいなっていう事で、でも女の子を抱く事は刹那的だから一緒に眠ってほしいし、目が覚めたらちゃんと横にいてほしい。体温を感じたり、おでこにキスをしたりして、毎朝目を覚ましたい。和歌山に今いるのだけれども、しっかりひとりぼっちで、結構広い家に一人でぽつんと住んでいて、夜ご飯は冷凍食品を食べて、しゃべる相手も無くて、弟から連絡があったと思ったらトラブルだったり愚痴だったりして、それは別によいのだけれども、ミクの話とかしたいし、アニメとか漫画の話したい。出来ないからなんか結局荒川智則のチャットとかにいて、でも彼らは週に何度かあっていたりして、僕もそこに混ざりたいなとお思うのだけれども、もうフランクに秋葉原には行けないんだよって思った。海外の思い出は別に書いているので、そのうちどこかで公開したいと思う。内容があれなので、KDPで売るのがいいのかなって思う。

 

九州に行った。

フェリーで14時間かけて大阪南港から出発した船は、鹿児島のなんとかというところについて、土砂降りだった。腐れ縁の友人と笑いながらドライブを3日して、4日目の朝に九州から大阪に戻ってきて、その足で京都にいった。

 

書きたい事は山のようにあるのだけれども、記憶が曖昧になってきている。理路整然とした文章なんて僕にはかけないし、おもしろおかしいテキストを生み出す力も無い。私的な表現で人を感動させる事も出来ない。ふーんと、言ってもらうだけの力しか無くて、自分が薄っぺらい人間だなって思ったりする。それでも好きだっていってくれる人がいたりするから表現はやめられないし、やめたいと思った事は一度も無い。

最近はカジュアルに死にたいって思うんだけど、昔みたいな積極さは無くて、気がついたら死んでました、とか、そういうのがいいなって思う。みとってくれる人もいないし、心配してくれる人はいるかもしれないけれども、まぁ、なんか気がついたらいなくなってたよね、見たいな。話題にも上がらないし、存在感なんて無いんや、見たいな。実際今まで付き合った人の中で僕の事が未だに比重高く思ってくれてる人なんてどのぐらいいるのだろう。いや、こういうのは書いても意味が無いし、胸にしまっておこう。一度聞いてみたいと思っても、口に出すべき言葉ではなかった。

 

wonderboy/不可思議 のアルバムを2枚買った。

彼は去年の6月になくなっていて、だからもう新譜は出ない。


【PV】「Pellicule」by 不可思議/wonderboy - YouTube

久しぶり どうしたんだよヒゲなんか生やして
肌の色も真っ黒だし ヒッピーみたいじゃんか
随分と遠くまで行ってきたらしいじゃん
なにか掴んだかよ とりあえずは飲もうぜ
みんなお前のこと何気に 心配してんだ
みんなっつーとそう いつもの面子のことなんだけど
今日はちょっと忙しくて 来れないみたいなんだ
だから えっと そーだな
二人だけで話そう
それにしても皆いつの間にかいなくなるよな
だから別にそれがどうってわけでもないんだけど
最後に挨拶ぐらいしてって欲しいっていうか
まあ別にそんな事どうでもいいんだけどさ

そういえば昔さ いつだったっけ覚えてる?
流星群が来るからって 校庭に集まって
寝そべって 夜空を眺めてたんだけど
時間だけが流れて 星なんか流れないの
ああ今俺もしかして うまいこと言ったかなー
寒かったなー あれもう二度とやりたくないけど
次の流星群っていつ来るんだろうね
まあ別にそんなことどうでもいいんだけどさ

そうやって俺達はいつまでも待ってた
来わしないとわかってながら いつまでも待ってた
俺たちの知る限り 時間って奴は止まったり戻ったりはしない
ただ前に進むだけだ
だから今日は戻らない日々を思い出して笑おう
今日だけ今日だけは思い出して笑おう
こういうのってあんまりカッコよくは無いけど
初めから俺たちはカッコよくなんて無いしな

俺たちっていつかさあ 結婚とかすんのかなあ
子供とかできてさあ 庭付き一戸建てとかを
ローン組んで買ったら 出来た気になるかなあ 
ってこの話前にも聞いた気がするわ すまんね
とりあえず今んとこは彼女とかもいないし
まったくお金も無いから 可能性はゼロだね
そういえばお前んとこのあの彼女どうしてんの
たまに俺に貸してよって これも前に言ったか
冗談はいいとして 同窓会どうする?
行かないよなー行ったって話すこともないしな
大体どんな顔して行きゃいいって言うんだよ
自慢できることなんて一つだってないのに
あの頃ってなんにでもなれる気がしてたよなあ
いや実際 頑張ればなんにでもなれたか
でもこうやって色んな事が終わってくんだもんな
っていや始まってすらいないか

そうやって俺たちはいつまでも待ってた
きたるべき何かが 来ると信じ待ってた
グラスの中の氷はとっくに溶けて無くなって
俺たち以外にもう人は 誰もいなくなってた
だから今日はありもしない未来について語ろう
今日だけ 今日だけは 思い描いて語ろう
こういうのってあんまりカッコよくはないけど
大丈夫 俺たちの事なんか誰も見ちゃいないよ

待ってた 俺たちはいつまでも待ってた
来わしないとわかってながらいつまでも待ってた
俺たちの知る限り 時間って奴は止ったり戻ったりはしない
ただ前に進むだけだから 今日は戻らない日々を思い出して笑おう
今日だけ 今日だけは思い出して笑おう
こういうのってあんまりカッコよくはないけど
初めから俺たちはカッコよくなんてないしな

 

 

いい言葉。

 

また会う時まで。