読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界の果てで終末を待つだけの雑記

患った中二病は30代になっても僕を蝕む

医者に行くだけでいろんなものが犠牲になるのだけれども医者に行かなければより大きく犠牲になっていく

月曜日からどうも具合が悪いなと思っていたのだけれども、夕方ごろから動けなくなり、昨日は一日布団の中で過ごし、来るメール来るメールをやり過ごし、仕事をしているように見せかけて何も仕事はしなかったのだけれども、そんな感じで水曜日がやってきたのだけれども、これはダメだと思ってないかに行ってきた。

インフルエンザとは言われなかったのだけれども、というかインフルエンザではないと断言されて、その点についてはまぁ、良かったという感じなのだけれども、いつものあれだった。

僕は喉がものすごく弱くて、体調が悪くなると、まず喉が腫れる。なので大抵抗生物質を飲んで痛み止めと胃薬をもらい、飲む。

今回は熱が無かったので、痛み止めと抗生物質だけ。

と、言うか、ここ数年は発熱しないので、動けるはずなんだけど、発熱しないからなおりが遅くて困る。

 

あ、包丁を砥ぎに出したら数日かかると言われ、今料理ができません。

そんなかかるものなのかなぁ。