読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界の果てで終末を待つだけの雑記

患った中二病は30代になっても僕を蝕む

朝まで起きて昼まで寝て、事務所に行った

そのまま。

昨日は何を思ったのか夕方ごろからいいだろうという事で酒を飲んでいたら、23時ごろに落ちていたことに気が付き、そのまま布団に入るも、2時過ぎに目が覚めた。そのまま今朝の午前6時半ぐらいまで起きていて、ゆっくり流れるタイムラインを眺めながら、普段会話しないであろう人に絡んだりして非常に楽しかった。6時半ぐらいにもう一度ベッドに入ったがなかなか眠りが来ず、2時間ごとに目が覚めた。1時前にクライアントから電話があり、いろいろと話をしているうちに完全に覚醒してやる事が無かったので事務所に行った。

事務所に行くと共同経営者が居て、うだうだと次のタイとつのデザインなどをやっていたのだが、どう考えても間に合わないと思い、と思っているうちにバイト戦士が来たので、スケジュールの確認をしたら、やばいよねやばいよね、という事になって、もう一人のバイト戦士も呼んでしまった。

かなりタイトなスケジュールを4人で確認し、頷くと、僕は歌舞伎町の中へ消える算段だったので、そのまま火鍋を食べに行った。

ふろに入ったら寝ようと思う。

今日は夜中に目が覚めなければよいなと思う。